情報セキュリティ対策|公開鍵暗号について理解する

公開鍵暗号とは何か

過去の記事のおさらいです。
現代暗号には、「共通鍵暗号」「公開鍵暗号」「ハッシュ暗号」があり、
その中の「共通鍵暗号」には、メリットとデメリットがあることを紹介しました。

共通鍵暗号方式のメリット・デメリット

特に、デメリットとして、膨大な鍵が必要になること、
「鍵配送問題」として大きな問題があることをご紹介しました。

今回は、そのデメリットを解決することになった、
1970年代に発明された「公開鍵暗号」という概念についてご紹介します。

2つのカギ

公開鍵暗号では、暗号化と復号化に2つの異なるカギを使います。
もちろん、この2つは対(セット)です。

それぞれ、「公開鍵」と「秘密鍵」と呼ばれます。

第三者に見られてもOKなカギだから、「公開鍵」。
絶対に知られないように自分だけで秘密にしておくカギだから、「秘密鍵」。

どういうことか、まだ漠然としていますので、
簡単な事例とともにご紹介します。

「公開鍵暗号方式」でデータを送信する

たとえば、AさんからBさんへ、データの通信を行いたいと仮定します。

このとき、Bさんは一対の公開鍵と秘密鍵のセットを生成します。
そして、Aさんに「Bの公開鍵」を渡します。

Aさんは、Bさんに渡したいデータを、「Bの公開鍵」でロックします。
メールであれば、外からは何が書いてあるか分からない状態になります。

これをBさんに渡します。

Bさんは、暗号化されたデータを「Bの秘密鍵」で復号します。

これで、第三者から傍受されても、複合できる唯一のカギ、
「Bの秘密鍵」を持たない以上解読は不能になるのです。

南京錠のたとえでよく使われます。
公開鍵が錠の方で、秘密鍵が鍵の方です。

以上が、「公開鍵暗号」の概略です。