WEBマーケティング情報|Google、キーワードプランナーにデータ制限を加える

Adwordsの広告予算が少ないと、詳細なデータの取得に制限がかかる

キーワードの月間検索ボリュームを取得出来る、
GoogleAdWords広告キーワードプランナーですが、
月間の広告費用が少ないアカウントの場合、
提供されるデータに制限がかけられるようになりました。

制限がかけられた理由は、
プログラムによるキーワードプランナーに自動的にアクセスし、
キーワードのデータを収集されていたこと等が原因です。

こういったプログラムよる自動アクセスなどは、
サーバーやシステムに負荷をかけてしまい、本来正常な方法で利用している
Adwordsの広告主が利用しづらい状態になってしまう為、
今回の仕様変更が行われたということです。

今回の仕様変更の詳細な内容は、下記となります。

1:殆どの広告主は以前と同じようにキーワードのデータを取得出来る。
利用できないのは、月間支払い広告費用が少ない広告主のみ。
(広告費用がどれくらいの明記はなし)

2:月間支払い広告費用が少ない広告主は、キーワードのデータ表示が制限される。
「1~100」「100~1000」「1000~10000」
といったように、一定の桁数の数値の範囲で表示される為、
詳細な検索ボリュームが取得出来ない。
仕様変更前は、「300」「5000」「8000」などといった
範囲では無い数値で表示されていた。

3:トラフィックの予測データ値に関しては、データの制限はかからない為、
以前と比べて仕様の変更は行われていない。

CodeCampGATE CodeCampGATE