IT基礎知識|ポート番号について

ポート番号について

ネットワーク技術を扱うとき、
IPアドレスと同様に必ず必要となる情報、
それがポート番号です。

今回は、ポート番号の基礎について解説します。

ポート番号の比喩

ポート番号について、分かりやすいのがマンションの例えです。

IPアドレスは、「アドレス」という言葉からわかるように、
ネットワーク機器の住所に例えられます。

マンションの住所を示すのがIPアドレス。
そして、部屋番号を示すのがポート番号です。

サーバーは、全世界に存在します。
サーバーという箱をマンションと見立てて、
その部屋番号がポート番号と考えれば分かりやすいですね。

そして、同じコンピュータの中でも、複数のアプリケーションが動きます。

アプリケーションとは、ブラウザやメモ帳のように起動するものです。

たとえば、普段使うパソコンでも、インターネットを使いながら、
エクセルを開いたり、メールを使ったりしますよね。

同じように、サーバー上でも複数のアプリケーションが動きます。

このとき、どのアプリケーションと通信するかを指定する情報、
これがポート番号です。

ウェルノウンポートについて

ポート番号には、一般的に決められているポート番号があります。

代表的なのは、「ポート80番」です。
これは、WEBサーバーと通信するときに指定する番号です。

このように、一般的に決められたポート番号のことを、
「ウェルノウンポート」と呼びます。

例を挙げてみます。

20番:FTP(データ)
21番:FTP(制御)
22番:SSH
23番:Telnet
25番:SMTP
80番:HTTP
110番:POP3
443番:HTTPS

サーバーの設定をするときなど、これらの番号を非常によく目にします。
無理に暗記する必要はありませんが、
「ポート番号には決まったものがある」
ということは覚えておいて損はありません。

短命ポート(エフェメラルポート)とは

わたしたちのパソコンも、コンピューターですので、ポート番号があります。
サーバーと通信する際には、相手先のポート番号だけでは片手落ちです。
送り主側のポート番号も、データのやり取りをする以上必要な情報になります。

自分のパソコンで、同じアプリケーションで複数のサーバーと通信する例を考えてみましょう。
たとえば、同じブラウザで異なるサイトを複数閲覧する場合などです。

このとき、通信先は「80番」であっても、
データを受け取るこちらのパソコンのポート番号が、
全て同じポート番号だとするとどうなるでしょうか?

どのブラウザに表示させるべきかわからなくなりますよね。

そこで、送り主側のパソコンでは、アプリケーションごとに別のポート番号を割り当てます。
同じGoogle Chromeであっても、ブラウザごとにポート番号を変えているのです。

この割当ては、一時的なもので再利用されるため、
短命ポート番号(エフェメラルポート)とよばれます。

以上、ポート番号について基礎を説明しました。

Windowsなら「コマンドプロンプト」、
Macなら「ターミナル」で、今使っているポート番号を確認することが出来ます。

「netstat -n」とコマンドを打ち込んでみてください。
IPアドレスの末尾に、使用しているポート番号が表示されます。

ネットワークには必須の知識なので、
試しにコマンドをいじってみることをお奨めします。