2018年の仮想通貨の見守り方

仮想通貨って何?の人に動向を少し。
この前提知識は必要かと。
とりあえず、時代の大局は別で調べてみてください。

ブロックチェーン2つの承認方式(PoWとPoS)

仮想通貨のマイニング方式は2種類あります。

1つ目は、「PoW(Proof of Work)」。
これは、計算による承認の方法です。
計算にはコンピュータを使い、膨大な計算量が必要となるので、電力など含め、マイニングにメチャクチャ多くのサーバーが必要になって結局資本勝負になるというのは有名だと思います。

代表的な仮想通貨、ビットコインは PoW方式です。
10分間隔で、約4000件ほどのブロックを「計算によって承認」しています。
この計算問題を、世界中の人々で一斉に解くわけです。
当然、1人でやっていたら勝てるレベルではないので、マイナー(マイニングする人)がグループを作り、計算のブロッ クごとに計算を割り振ります。
そして、もしそのグループが正解を導き出したら、計算量に応じて賞金(ビットコイン)を配分しているわけです。
これをマイニングプール(採掘者の集団) と言います。
たとえば日本と比べると、中国は電気代が安いので、こうしたマイニングプールは多数あります。
資本力の勝負に成るので、企業も参入しています(国家も!?)。

2つ目は、「PoS(Proof of Stake)」。
これは、関係者による承認)の方法です。
コンセンサス(合意)アルゴリズムとも言います。
承認形態には、PoI(Proof of Inportance)という重要度承認や、
PoC(Proof of Consensus)という承認者による合意形成というのもあります。

結局資本力勝負になって上限が決まってくる、PoWの方式に限界があることは、 想像に難くないでしょう。
つまり、PoSの動向を考えていくべきです。

匿名通貨と非匿名通貨の2タイプ

たとえば、「リップル」という仮想通貨は、米国のリップルラボが取引を承認しています。
つまり、ビットコインのように計算による承認(PoW)形式ではありません。
これは、PoC(Proof of Consensus)という形式になります。

ビットコインのように、発行者がどこにもいないものは「匿名通貨」と言います。
対して、リップルは発行者がリップルラボという会社。
だから、匿名ではありません。
発行者がいる通貨「非匿名通貨」です。

ちなみに、イーサリアムという仮想通貨は匿名通貨になります。
これは、GitHubのごとく、アルゴリズムを考えてる専門集団がコミュニティで議論しています。
当然、マイニングする人たちとの利害対立も起こり、その度に「ハードフォーク(互換性ナシのアップデート)」を繰り返して通貨が分裂して色んなコインが誕生してます。
その性質上、「コンセンサスに基づく承認」に立脚しているので、乱立状態が発生しているのです。

PoSへの移行が成功するかどうか

現在、仮想通貨でPoSがデファクト・スタンダードというコインはありません。
もしあったとしても、発行者が不当に権限を握りすぎるものだったりします。
当然、開発者が一番儲かるようになるから信頼されないわけです。

イーサリアムは、ヴィタリック・ブテリンという人が承認方式を開発しました。
ブテリン氏は、そのフェア的観念からPoW が良いと思いPoWでイーサリアムを作りました。

ただし、ある程度 所有者が分散したタイミングで、PoWからPoSに移行する計画を持っているようです。
ザックリいうと、PoWの限界を創り出してアッパーが決まった段階で、イーサリアムから派生したブロックチェーンをハードフォークさせてPoWからPoSに移行するよう計画しているみたいです。

畢竟、PoWは電気代勝負になるわけで、もしこのPoS移行計画が成功すれば、電気代に依存しない匿名通貨が生まれるかもしれません。

非匿名通貨のリップルが独壇場か

匿名通貨(ビットコインとかイーサリアムとか)は PoWかPoSかの論争がずっと続いてます。
要は、不安定な状態です。
匿名通貨では、PoWに限界が見えている以上、PoSの覇権を握った仮想通貨が覇者となります。
その候補の一つがイーサリアム。
セレニティというアップデートの動向が見ものです。

一方、非匿名通貨のリップルは、法定通貨に紐付いた仮想通貨交換のプラットフォームとして地位を築きつつあるようです。
リップルはカタい、この認識が市場にあるようです。

仮想通貨をはじめてない人はCMでやってるこれが分かりやすい&ラク→Coincheck